銀行と消費者金融

MENU

お金を借りるなら銀行と消費者金融どっち?

お金を借りるなら銀行と消費者金融のどちらがいいか調べていますか?

 

通販で品物を買う時とちがって、借りられるお金そのものに違いはないから迷いますよね。

 

銀行と消費者金融,お金,借りるなら,どっち

 

このホームページでは、わかりやすく銀行と、消費者金融の違いやメリットを比較しています。

 

借りる時に気になるポイントは

  • 金利
  • 限度額
  • 審査と融資の早さ
  • 対応

でしょう。

 

ではさっそく見ていきましょう!

 

ちなみに、比較しやすいようにひとくくりで「銀行(カードローン)」「消費者金融(キャッシング)」と表現していますが、各社、各サービス(商品)で詳細は違いますので、一般的にいえる内容として書いています。

 

詳細はリンク先の公式サイトでより詳しく記載されていますし、キャンペーン情報もあるので、確認しておくと安心でお得です^^

金利はどっちがいい? 銀行VS消費者金融

銀行>キャッシング
金利は比較すると銀行のほうが全体的に安いといえます。しかし、これは借りる金額によって金利帯がありますので、額が違う場合は簡単に比較できないとことになりますね。
どちらにしても、現在は金利が下がっていますので、借りる上でも、預金につく利息の上でも金利は安いといえます。

おすすめ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 年 4.6%〜14.6%

 

限度額はどっちがいい? 銀行VSキャッシング

銀行≧キャッシング
限度額はどちらかというと銀行のほうが大きいところが多いでしょう。
銀行の大型カードローンでみると800万円から1,000万円という限度額を設けているところもあります。
いっぽう消費者金融では、300万円から500万円が多いでしょう。
ただし、一般の人が必要とする額はそこまで大きくないことが普通ですから、あまり気にすることはないように思います。

おすすめ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
最大利用限度額1,000 万円

 

審査と融資の早さではどっちがいい? 銀行VSキャッシング

銀行<キャッシング
銀行の審査・融資スピードも早くなってきたとはいえ、こちらは消費者金融がかなりリードしている印象です。
というのは、銀行は個人向けの融資貸付以外にも多岐にわたる業務をおこなっています。
融資専門の消費者金融とは、従事している内容が違うんですね。
即日融資に対応している会社・サービスが多いのが消費者金融の特徴です。
また、銀行カードローンの場合は、その銀行の口座をすでにもっているか、カードローンの申し込みの時に開設手続きも同時に行わないと利用できないところが多いです。

おすすめキャッシング
プロミス

最短1時間融資も可能

アイフル

最短即日融資も可能

モビット

10秒審査で事前審査結果が表示

 

対応ではどっちがいい? 銀行VSキャッシング

銀行≦キャッシング
これは、銀行は「銀行らしい対応」、消費者金融は「消費者金融らしい対応」という印象があります。
どういうことかというと、銀行は事務的でカッチリしているという点です。安心感はありますが、事務的でお固いというイメージでしょうか。(あくまでも僕の印象です)
いっぽい消費者金融は、他人に借り入れがばれないように最新の注意を払ってくれます。たとえば、在籍確認の際は絶対に会社名は名乗りませんし、自宅へ送られてくる郵送物も消費者金融とはわからないようになっています。
会社によっては、郵送物なしでWEB明細のみで確認できるところもありますし、振り込み融資の際の振り込み人も消費者金融とバレないように表示名を選べるようになっているところもあります。
「借りる人が心配している点」にこまかく配慮してくれているのが消費者金融です。

おすすめキャッシング
モビット

WEB完結申し込みなら、電話連絡も郵送物も無しです。

 

カードローンが利用しやすい時代になった

少額であれ高額であれ、借金というのはできればしたくないものです。

 

しかし、人生の様々な場面でお金が足りなくて困ることがあるでしょう。より賃金の高い仕事に転職したり、お金を貸してくれる友人を見つけたりするのが難しい時には、金融機関(消費者金融を含む)から借りるのも一つの方法です。

 

少額のお金を低金利で借りることのできるカードローンをご存知でしょうか?借りすぎは自己破産の原因になりますが、非常に便利なのでご紹介します。

 

カードローンはCMを見ていれば分かる通り、多くの会社が提供しています。特に、銀行などの比較的信用度の高い金融機関のカードローンは、個人は年収の3分の1しか借りられないという貸金業法のルールが適用されません。

 

そのため、一定期間の最低返済額を満たしてさえいれば、何回でも必要な金額を借りることができます。

 

ここまでの話だと、カードローンは良いことずくめの借り入れ方法のように思うかもしれませんが、落とし穴もあります。知らず知らずのうちに借金を繰り返し、借入金の総額が大きくなりすぎてしまう危険があります。

 

危機感を覚えているうちはまだマシです。それさえなくなると、カードローンをまるで自分の口座のように錯覚してしまう状態に陥ります。どんなに良心的なローンも借金には変わりないのです。借金ありきではなく、あくまで最終手段にするべきでしょう。

 

消費者が借りすぎれば、多重債務や破産という結果を招き、金融機関が貸しすぎれば、返済不履行が起きて業績に関わります。何事もやりすぎは禁物ということでしょう。

 

銀行と消費者金融借りるならどっち

 

おすすめランキング

銀行と消費者金融,お金,借りるなら,どっち プロミス
銀行と消費者金融,お金,借りるなら,どっち アイフル
銀行と消費者金融,お金,借りるなら,どっち 三菱東京UFJ銀行カードローン
銀行と消費者金融,お金,借りるなら,どっち みずほ銀行カードローン
銀行と消費者金融,お金,借りるなら,どっち モビット